為替レートの動きには大きく分けて、長期のトレンド、中期の行き過ぎスイングそして短期のポラリティ・ノイズという3つの波があります。

デイトレでは、短期のポラリティ・ノイズを使って取引するもので、時間軸としては数分から数時間というトレードでしょう。

この時、短期的な「変動」が生まれる要因には経済指標の発表の他、市場で大きい注文が出た時、当局の要人発言、市場が注目しているファンダメンタルズ(金利、株価、経常収支など)についての噂、或いは突発的な事故などなんでも、変動材料になります。

ですからデイトレでは、トレードする時間帯を決めてその時間あらゆる情報をウオッチしながら、トレードするチャンスを見つける必要があります。


そして、「こうかな」っと思ったらエントリーし違うと思ったらすぐ撤退または方向展開をします。

やってはいけないのは「こうに違いない」と決めつける事です。

市場に謙虚が、そうばで生き残っていくスベといわれます。

トレードならTURBO FX
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
https://fx.plbfzx.com/tb.cgi/6

C O M M E N T


名前 :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  2000


   プレビュー