健康でキレイになる


昔からの食事法として、腹八分、和食中心、よく噛む、硬い食感のものを食べる、旬の食べ物を意識した食材選び、肉は食事全体の1割強程度を目安に、生野菜より温野菜、を食べると良いと言われています。


ホームページ1

ホームページ2


人間のカラダは太古の昔から飢餓状態に慣れている反面、食べすぎに対処する方法を知りません。


食べすぎることで、体内に余剰物や老廃物がたまり、血液が汚れてからだが冷え、免疫力を低下させてしまうのです。


ですから、健康と若々しさと美しきを維持するための食事の基本は、何といっても「腹八分」なのです。


1食抜くくらいがちょうどいいのです。


食べ方を変えれば、短期間でも体質は変わるものです。


この事から、からだを温める食事にすると自律神経が整い代謝もアップし、健康でキレイになるのです。


漢方医学には「相似の理論」というものがあり、食品とそれを食べる人の性質は似てくるという考え方です。


たとえば、ふわふわのパンやケーキ、水っぽいフルーツが好きな人は色白でぽっちゃりした体型に、かたい食べ物やごぼうなどの根菜類が好きな人は引き締まった体型になるというものです。


わたしたちの健康は、口にしている食品からつくられています。


生野菜のサラダやフルーツは、とてもヘルシーに見えますが、実はカラダを冷やす性質をもっています。


身体を温める食事に変えると、基礎代謝がアップし、脂肪の燃焼がうまく進み、免疫力もぐんぐん向上し、自律神経が整って、病気になりにくいからだに変わっていくでしょう。


FXシステムひろい読み 健康でキレイになる